第26回女神湖ビーナスマラソン大会におけるオーバーラン事故発生について

 本日、行われたビーナスマラソン大会において10km種目における、運営不備による走者オーバーラン事故が発生いたしました。

安全なお且つ厳正なスポーツ競技におきまして、今回の不手際を大変重要にとらえております。発生に至った要因を明確にし、この様な不手際が起こらぬようにして参りたいと存じます。

本日現在、把握している内容は以下となります。

日時 令和元年6月16日(日)
種目 フォレストラン(約10KM)
内容 折り返し地点の設置時間ミス・走者に対する分かりやすい表示の不足

以上の理由により最大約8kmのオーバーランが発生

当該種目254名の中、約40名と把握しております。

【今後の対応】
1okm種目参加の皆さまへ謝、罪文・改善計画の送付
オーバーラン該当ご参加者に対するお詫び状の送付

※オーバーランをされた皆さまの中で、
当日会場にてお申し出されていない方がおりましたら、
ご連絡していただきますようお願い申し上げます。

                      女神湖ビーナスマラソン大会実行委員会
委員長 安藤 孝
sksa@sas.janis.or.jp

関連記事

  1. 自然の中を光り舞う:ヒメボタルまつり

  2. しらかば2in1スキー場「お楽しみダーツ大会」

  3. 白樺高原国際スキー場「お楽しみダーツ大会」

  4. 昨夜から10㎝の積雪

  5. 白樺高原花火大会

  6. 七夕イブナイトゴンドラ星空観望会