自然の中を光り舞う:ヒメボタルまつり

標高1,500mの自然の中を幻想的に光りながら舞うヒメボタル

四季の彩りの美しい白樺高原に自生するヒメボタルを静かに見守ることのできる「ヒメボタルまつり」を令和元年7月13日(土)より白樺高原、からまつ平にて開催いたします。

「ヒメボタルまつり」 開催期間:令和元年(2019年)7月13日(土)~7月31日(水)

白樺高原からまつ平の自然の中、舞うヒメボタルのイメージ

・お願い

ヒメボタルは非常にデリケートな生物です。

以下の行動はお控えください。

  • 明るくすること(車のライト・懐中電灯・携帯電話やデジカメなどの液晶はつけないでください)
  • ホタルを捕まえる行為(周辺には国定公園が拡がり生物などを採取する行為は法律で禁止されています)
  • 林の中に入る行為(ヒメボタルは陸生で、主に林の中で活動しますので林には入らないでください)
  • ゴミを捨てる(美しい自然にゴミは捨てないでください)
  • 大きな音や声を出す行為(デリケートなホタルは静かに見守りましょう)
  • 夜間の撮影(暗い中にカメラのフラッシュや液晶画面の灯かりでもホタルには影響があります)

関連記事

  1. そば処水車茶屋

  2. 白樺高原花火大会

  3. そば処せんすい

  4. 陶芸教室(ルミエール)

  5. パターゴルフ・マレットゴルフ(マーガレットリフレクパーク)

  6. 日本一標高の高いハーフマラソン